小動物を飼うときの冬のヒーター

東北の冬はたいへん冷えます。
小動物を飼っていて、室温が一定ではなく、
夜に下がる場合は、ヒーターの利用をおすすめします。

ヒーターの種類はいろいろあり、「床暖パネルヒーター」
「保温電球」「ドームヒーター(ドーム内があたたまる方式)」
「保温マット」
など様々です。




ヒーターは、ハムスター用、兎用など、小動物向けの他、
猫用、犬用もあります。
それぞれの動物に特化したものですと、選びやすく、
ペットも馴染みやすいのではないかと思います。

ただし、せっかくヒーターを設置しても、
ドアや窓からのすきま風がペットのいるゲージにあたる、
ヒーターでカバーできないほど冷えるなどの場合は、
ペットが冷えてしまい、体調を崩すことがあります。

この場合、ゲージの位置を移動する、カバーやついたてをつけるなどして、
温度管理ができるようにしておきましょう。

また、ヒーターが暖かすぎた場合、ペットはゲージ内で移動して
そこで休んでいることもあります。
無理にヒーターのある場所に移動させるといったことは避けましょう。

必ずしもそのヒーターとペットの相性がいいと限らない場合もあります。
寒いのに近づこうとしない、中に入らず、邪魔そうに避けているなどの場合は
違うものの購入を検討してみるのもいいでしょう。

仙台で子犬、子猫、小動物をお探しならペットショップ鈴花へ、
お気軽にご相談ください。

仙台の子犬・子猫専門のペットショップ

ペットショップ鈴花 http://www.ciwawa.com/
宮城県塩釜市港町2丁目3-16
電話 022-290-5497
スポンサーサイト

ハムスター限定販売中

ペットショップ鈴花にて、ハムスター限定販売を行っております。

赤ちゃんハムスターの販売です。
ハムスターフードとお持ち帰りケースをセットにして、
1500円で限定販売しております。

ハムスター限定販売中

ハムスター

(限定販売であることと、ハムスター数が限られておりますので、
 販売後の場合はご了承ください)

ハムスターで頂くことの多い質問で、下記のようなものがあります。

「今までハムスターを飼ったことがないんだけれど、飼育は難しい?」

ハムスターは、お子様でも飼育ができます。
(ただし、食事、温度管理等、大人の監督の上でをおすすめします)
初めてのペットとしてお子様に世話させてみて、
親がサポートするという形もいいのではないかと思います。
もちろん、かわいいペットをお探しの大人の方にも、ぜひおすすめです。

家族の誰も飼ったことがない場合、最初にハムスターの飼育本を
読むのもおすすめです。

「ハムスターは寒さに弱いって本当?」

本当です。
寒いと疑似冬眠(眠って動かなくなる)状態に陥ることがあります。
ヒーターの利用などで低温にしないようにしましょう。

「ハムスターの主食はヒマワリの種?」


ハムスターの主食は、ハムスターフード、ペレット(固形飼料)です。
ヒマワリの種は好みますが、栄養の偏りを防ぐ為、
おやつという扱いで与えた方がいいでしょう。

ハムスターの飼育でご質問があれば、お気軽におたずねください。

ハムスターのかわいい赤ちゃんがお待ちしています。


仙台で子犬、子猫、小動物をお探しならペットショップ鈴花へ、
お気軽にご相談ください。

仙台の子犬・子猫専門のペットショップ
ペットショップ鈴花 http://www.ciwawa.com/
宮城県塩釜市港町2丁目3-16
電話 022-290-5497

フクロモモンガを獣医さんにつれて行くとき

飼っているフクロモモンガの様子がおかしい、
ちょっと気になることがある――
こういったときには、早めに獣医さんや動物病院へつれて行きましょう。

でも、フクロモモンガを獣医さんにつれて行くときには、
犬や猫と違って、いくつか注意したいことがあります。

・フクロモモンガの診療をしているか

意外なようですが、獣医さんや動物病院はすべての動物を
診察、治療するわけではありません。
獣医さんによっては受け付けていないところもあります。

あらかじめ電話やサイトで、フクロモモンガの診療をしているかを
確認しておく方がいいでしょう。
飼う時から獣医さんを決めておくと、より安心です。

フクロモモンガを獣医さんにつれて行くとき

・病院内で逃げられないこと

フクロモモンガを持ち運ぶときは、必ずゲージを利用するなど、
逃げられない、かつ外部からふれられない形にします。
動物病院はいつもの環境とは違い、フクロモモンガも不安定になりやすいもの。
夜行性だからと思っていると、いきなり逃げようとすることもあります。
動物病院では犬や猫もいます。
逃げられたときに、飛びつかれたりしたら大変ですので、充分注意しましょう。

・温度管理

フクロモモンガは体が小さいので、暑さ寒さのどちらにも強くありません。
移動中はもちろん、病院内でもクーラーが真下で冷気が当たる、
あるいはヒーターに近すぎないようにしましょう。
温度管理用に一枚、覆える布を持っておくと便利です。

・経歴のメモを持参する


飼っているフクロモモンガの生年月日、いつ購入したか、
普段食べているのも、様子がいつからおかしいかなど、
メモを持参すると状態が伝わりやすくなります。

経歴のメモの持参は、どのペットでもおすすめです。

フクロモモンガ
photo by *Ryan Lee UK*

仙台で子犬、子猫、うさぎ、フェレット、モモンガ、ハムスター、モルモット、
インコなどをお探しならペットショップ鈴花へ、お気軽にご相談ください。

仙台の子犬・子猫専門のペットショップ

ペットショップ鈴花 http://www.ciwawa.com/
宮城県塩釜市港町2丁目3-16
電話 022-290-5497

フクロモモンガが慣れるまで

とてもかわいい有袋類のフクロモモンガ
体調は15センチ前後と小型で、とても愛くるしいので、
一目でファンになる方も多くあります。

フクロモモンガ

でも、フクロモモンガは、慣れるまでに犬や猫よりも
ちょっとだけ時間が必要なことがあります。
(※ペットショップで、すでに慣れているものでしたら
  なつくまでの時間が短いことが多いです)

最初は、威嚇の声(ギイーという感じ)をあげることが多いので、
初日は家のゲージに入れて、そっとしておきます。
翌日からは、声をかけたり、手でエサをあげたり、
遊んだりすることをゆっくりと進めていきます。
少しづつ威嚇はなくなって、なついていくでしょう。

ただし、来たばかりなのに、家族数人で次々に抱っこする、撫でるなどすると、
ストレスでエサを食べなくなったり、
お腹を壊すなど、体調を崩すことがあります。

世話をする人をまず一人決めて、そこから順々に
慣らしていかれることをおすすめします。

慣れると、飼い主を仲間扱い、もしくは「樹」扱いで
上りまくったり、高いところと飼い主をひらりと行き来する子もあります。

フクロモモンガは、元々群れで行動する動物ですので、
あまりかまわないと、さみしさでストレスをためてしまうこともあります。
かまえる時間が短いという場合、メス二匹で飼うのも方法です。
(メスとオスですと繁殖してしまいます)

ただ、個体の仲のよしあしというのもありますので
二匹飼う場合は、同じペットショップで一緒に購入する方が安心です。

当店のフクロモモンガはこちらです。

フクロモモンガ

フクロモモンガは、「シュガーグライダー」と呼ばれるだけあって、
小型ですが、とてもよく飛びます。
すばしこいので、部屋や家からの脱走には充分注意しましょう。


仙台で子犬、子猫、うさぎ、フェレット、モモンガ、ハムスター、モルモット、
インコなどをお探しならペットショップ鈴花へ、お気軽にご相談ください。

仙台の子犬・子猫専門のペットショップ

ペットショップ鈴花 http://www.ciwawa.com/
宮城県塩釜市港町2丁目3-16
電話 022-290-5497



テーマ : ペットあつまれぇ〜
ジャンル : ペット

プロフィール

ペットショップ鈴花

Author:ペットショップ鈴花
宮城県仙台、塩釜の子犬・子猫・うさぎ・小動物・小鳥販売 ペットショップです。
子犬子猫常時25頭~30頭展示販売。お探しの犬種・猫種など、お気軽にご相談ください。
ペットショップ鈴花
http://www.ciwawa.com/
宮城県塩釜市港町2丁目3-16
電話 022-290-5497
営業時間 10:00~18:00

ランキングに参加中!ポチっと押してね!
カテゴリ
リンク
最新記事
検索フォーム
鈴花アクセスカウンター
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
最新トラックバック